COLUMN

コラム詳細

色を使いこなして楽しい毎日を!でも、そんな時でも自分を見つめなおしたい時は「紺色」!/Vol.39

カラー

2021.06.11

この記事をSNSでシェア!


みなさん、こんにちは。カラーアドバイザーのえりかです。
1か月経つのは早いですね、もう6月になりました。6月といえば、毎年憂うつな梅雨の時期。
みなさんは毎年この時期をどのように乗り切っているのでしょうか。じめっとした季節だから
こそ、心はさわやかに過ごしたいですね!

さて、今までもコラムにて色のパワーをお伝えしてきましたが、今回も少しだけお話させて
下さい。色は、自分自身だけでなく、相手を動かすこともできるのですよ。

色で相手を動かすことができるんです!

① カラーミラーリング効果

相手がよく着ている服や持ち物の色と同じ色を自分も身に着けることで、相手との心理的距離を
近づけることができます。相手の無意識に働きかけ、自然と親近感を抱いてくれるようになり、
心を開いてくれるようになります。気になっている人やもっと近づきたいと思っている人の服や
持ち物をよく観察してみましょう!

② ブルーのアンガーコントロール

青色には「心を穏やかにして怒りを落ち着かせる」作用があります。
謝罪のシーンでは、濃い青を身に着けると、相手の怒りを中和させるだけでなく、青の持つ
誠実性も示すことができます。もちろん、自分自身も青の効果で冷静になれますので、
一石二鳥ですね。

③ カラーインプレッション効果

色で自分の印象をUPさせることができます。初対面の人の集まりや、恋愛面でも利用できる
テクニックです。友達になりたい、話しかけてほしい、というときには、オレンジがオススメ。
明るく温かみのあるオレンジに吸い寄せられ、周りからあなたに話しかけてくれる確率が高く
なります。気になっている人と会うときは、淡いピンクがオススメ。「淡い」がポイントです!
女性らしさの演出と守ってあげたい、という印象を与えることができます。何事も最初が肝心。
ということで、あくまでも気持ちを掴むまでのテクニックとして覚えておいてくださいね。

自分自身を見つめなおす色、それは「紺色」です!

夏が到来し外で思い切りリフレッシュしたい、という気持ちとはうらはらにお家時間の増えた
昨今。みなさんそろそろ我慢の限界かと思いますが、これも日頃の生活など自分自身を見つめ
なおす良い機会かもしれませんね。落ち着いて物を考えるのに効果のある色は、
ずばり「紺色」です。

紺色は、一般に濃い藍染の色をさします。青を暗くしたイメージの色です。
紺色は、冷静な気持ちにつながりやすく、自分自身を見つめなおしたいときにも有効です。
紺色からもたらされる良いイメージには、品格のある人、落ち着きのある人、知識があって
礼儀正しい人、などが挙げられます。一方、マイナスなイメージには、堅い人、厳格な人
があります。制服やスーツに多く使われている色で、日本人にはなじみのある色ですね。

紺色=ネイビーをどのようにファッションに取り入れるの?

紺色、というよりネイビーと言った方がピンときやすいでしょうか。ネイビーのコーディネート
は、割とみなさんお得意なのではないでしょうか。黒や白と同様に、合わない色がほとんど
ないくらい使い勝手の良い色です。合わせやすいとはいえ、暗い色なので重くみえがちに
なりやすい色でもあります。

■重くならないコツ

程よく肌見せして、抜け感を出すと軽い印象に変わります。ブラウスの袖を少しあげて手首を
見せる、ボトムスなら、裾を折り返して足首を見せるだけで、重たい印象がかなり軽減されますよ。
差し色として白いカーディガンと組み合わせるのも相性抜群です。靴を白にするのも良いですね!

■暗くならないコツ

顔周りにネイビーをもってくるなら、光沢のある素材を選びましょう。明るく華やかな印象に
なります。また、トップスでもボトムスでもベージュと組み合わせると、全体の雰囲気が柔らかな
印象になります。ブラウンと組み合わせるのもオススメです。

■マンネリにならないコツ

① ネイビー×パープル
深みのあるパープルでエレガントな雰囲気になります。ブラウンを差し色にすると優しい
雰囲気もプラスされます。
② ネイビー×イエロー
ビタミンカラーのイエロースカートと組み合わせれば明るく上品な印象になります。
③ ネイビー×レッド
ネイビーのワイドパンツにスッキリとした鮮やかな赤トップスで大人カジュアルな印象
なります。
④ ネイビー×ピンク
ピンクはネイビーとは対照的な色。オシャレで個性的に見えます。
⑤ ネイビー×カーキ
カーキはネイビーと相性抜群。スカートなら女性らしさ、パーカーでも大人っぽく見え、
きれいめカジュアルコーデが簡単にできます。

まとめ

①色で相手を動かすことができる。カラーミラーリング効果、ブルーのアンガーコントロール、
カラーインプレッション効果。

②紺色は、自分自身を見つめなす色と冷静な気持ちに繋がりやすい色。

③ネイビー×パープルでエレガントな雰囲気など他のカラーの組み合わせで上品、
大人カジュアルの演出ができます。

ネイビーは取り入れやすい色ですので、みなさんも色々と試してみてはいかがでしょうか。
じめじめした季節が少しでもさわやかに気持ちよく過ごせますように。

Written by えりか(カラーアドバイザー)

この記事をSNSでシェア!