COLUMN

コラム詳細

願い事を色と言葉で表現し、叶えたい

カラー

2022.07.13

この記事をSNSでシェアお願いします!

みなさん、こんにちは。カラーアドバイザーのえりかです。7月になり、いよいよ本格的な夏になりましたね。今年も全国的に猛暑なのでしょうか。真夏日、猛暑日、熱帯夜・・・ニュースを見ていると、連日のように日本のどこかでこの単語を目にしている気がします。

色の使い方で伝わるメッセージ

突然ですが、みなさんは10年前の出来事をどのくらい覚えていますか?私はまったく覚えていなかったのですが、ちょうど10年前、スカイツリーが開業しました。もう10年?まだ10年?どちらでしょうか。スカイツリーといえば、ライティング。ライトアップされた電波塔は、まさに色を使って何かを表現し、私たちを楽しませ、癒し、時には勇気づけてくれます。

今では毎月のようにアニメやアーティストとコラボした特別ライティングが開催されているようです。うだるような暑さが続きますが、スカイツリーの映像はSNS上で簡単に見ることができますので、家に居ながら楽しむことができます。今年の夏も、人混みを避けつつ夏を楽しむ方法を見つけたいですね!

七夕の短冊の色にも目的があった!?

さて、先日は七夕でしたね。今年は各地でイベントが復活しておりますが、七夕行事に参加された方はいらっしゃいますか?七夕とは、天の川に隔てられた彦星と織姫が七月七日の夜、年に一度だけ会うことができるという日。

中国の伝説にちなむ年中行事のことで、短冊に願い事を書いて笹竹に飾ります。あまり意識したことはないかもしれませんが、短冊には5つの色が使われているのをご存じでしょうか。もともとは中国の陰陽五行説に由来し、青、赤、黄、白、黒の5色が使われており、この5色を使用することで魔除けになるとされていました。

短冊の色にも拘り、願いを込める

日本においては「緑」を「青」と呼ぶ慣習もあり、青のほかに緑が使われることもあります。また、黒はあまり好まれなかったため、代わりに高貴な色である紫が使われるようになりました。この5色にはそれぞれ意味があり、願い事にあった色の短冊に願い事を書くことで、願いが叶いやすくなるとも言われています。

みなさんは何色の短冊にどんな願い事を書きましたか?書いてない方も、心の中でどんなお願いをしましたか?何色の短冊がパッと思い浮かびましたか?

青色or緑色

青(緑)には、人間力を高める、徳を積むという意味があります。成長に関する願い事を書くと良い、とされています。○○ができるようになりますように、○○を克服できますように、など、自分の苦手なことや短所を直したいという願い事を書くと良いそうです。

赤色

赤は、先祖や親に感謝する気持ちを表しており、いつもありがとう、いつまでも元気でいてね、などの健康に関する願い事が良いそうです。

黄色

黄は、人を信じ大切に思う気持ちを表しており、友人と楽しい思い出が作れますように、家族仲良く過ごせますように、など、人間関係に関する願い事が良いそうです。

白色

白は、規則や義務など決まりを守る気持ちを表しており、自分で決めた目標○○を成し遂げられますように、寝坊しないように、などが良いそうです。

黒色or紫色

黒(紫)は、学業の向上を願う気持ちを表しており、テストで良い点が取れますように、受験に合格しますように、など、学業に関する願い事が良いとされています。

色は関係なく、願い事だけをしっかりしたという方。とにかくイベントとして七夕を楽しんだ方。短冊の色と願い事が一致していた方、そうではなかった方。また、そもそも短冊に書いただけで願いが叶うなら誰も苦労しないでしょうと思っている冷静な方、ただの言い伝えであって信じてはいないという現実主義の方。もちろん七夕に対する捉え方は人それぞれです。

七夕の日はちょうど半年経って振り返るいい機会

しかも既に七夕は過ぎてしまっておりますので、今から短冊に願いを書くこともできません。ただ、この先の自分自身が「どうしたいか」「どうありたいか」を考えるきっかけとしては、一年の真ん中の7月に七夕という行事があるのは、とても良い機会だと思います。

願い事は口に出すと叶いやすくなる、と言いますよね。文字や言葉で表現すると、それに向けて自分自身の行動が変わるからだと思います。2022年も残り半分。改めて自分自身を見つめ直してみてはいかがでしょうか。

大きな願いが叶うと誰しも嬉しいものですが、小さな願いをたくさん叶えて、みなさんが幸せで充実した時間を過ごせますように。

Written by えりか(カラーアドバイザー)

 

 

この記事をSNSでシェアお願いします!