COLUMN

コラム詳細

最近続く不調・・・「秋バテ」かも??/Vol.5

健康・栄養

2020.09.10


日差しのきつい時間も1日の中で短くなり、陽が短くなってきましたね。夏が終わり秋に季節が変わろうとしていますが、みなさん「秋バテ」という言葉をご存知でしょうか?
夏バテと言えば認知度は高いですが、「秋バテ」という言葉を初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。

「秋バテ」とは?

「秋バテ」というのは、夏のうだるような暑さから秋に近づき気温も涼しく過ごしやすくなってきたことで、寒暖差の繰り返しにより自律神経が乱れ、体の不調が続いている状態のことを言います。症状としては、疲れやすくだるい、無気力、たちくらみやめまい、食欲がわかずに胃もたれを感じる、頭痛や肩こり、便秘や下痢、顔色がくすんでいる、よく眠れないなどがあります。原因は、夏のクーラーによる冷気が強い部屋、体が冷える食べ物や飲み物の過剰摂取や日中の暑さ、気温の変化による疲労も関係しています。さらに秋は、長雨などの低気圧の影響もあります。特に今年の春は、コロナウイルスによる影響で活動量が一気に減ったにも関わらず、夏に頑張りすぎた方は体調も崩しやすくなるので注意しましょう。
日常生活において、自律神経と血のめぐりを整えることで不調は治まります。

「秋バテ」の対策3つの方法

①副交感神経を優位にする

シャワーではなく38~40℃の湯船にゆっくりとつかり体を温めます。とにかくリラックスすることが必要なので、瞑想やストレッチ、マッサージなどをしてゆったりする時間を作ってみましょう。

②気温に合わせた服装を着る

日中は暑くても夜には気温が下がる時期です。体が冷えるなと感じたら、カーディガンやショールなどさっと羽織れる服を持ち歩くことをオススメします。家の中でも靴下をはくことで指先からの冷えを防ぐことができます。

③口に入れるものは気をつける

 1)冷たいものを控えて温かい食材や飲み物を摂る
  暑くてもキンキンに冷えた水やお茶、氷たっぷりの飲み物ではなく、常温の飲料水や白湯を飲むことで弱った胃腸への負担を妨げます。体を冷やす食材ではなく、体を温めてくれる生姜、にんにく、紫蘇などの香味野菜、スパイスなどの香辛料を料理に取り入れてみましょう。
 2)旬の食材を食べるように意識する
  旬の食材は、旬でない時期より栄養価が高いです。そして鮮度もよく価格も安いので手に入りやすく、素材自体の味が濃く香りやうま味が多いため美味しく食べることができます。
 3)自律神経を整えるビタミンB1を取り入れた食事にする
  不足しがちなビタミン・ミネラルを摂ることはもちろんですが、その中でも豚肉やかつお、大豆、アボガド、胡麻、海藻類、切干大根などビタミンB1が多く含まれた食材を摂ることで自律神経を整えてくれます。

暑いと冷たいものが美味しく感じるし、体の欲するままの食生活をしていると季節が変わるころには不調として症状がでます。まずは自分にストレスをかけずにゆったりできる過ごせる時間を作ってみましょう。少しずつ改善することで生活の質が上がりますので、日々の生活を意識して体を整えてみましょう。

Written by てるみん